顔の乾燥肌が気になる

顔の乾燥肌が気になる人にお勧めする理由

炭酸化粧水,乾燥肌

ここでは、乾燥肌になる原因とその対処法について説明していきます。

 

 

 

顔の乾燥肌の原因とその対処法とは?

乾燥肌というのは、なぜそのような状態になってしまっているのかと言うと、
角質層の水分量がかなり低下していて、「皮脂」や「セラミド」などによる保湿する機能が正常に働いていない為におこります。
 
赤ちゃんの肌を見ると良く分かりますが、私たちの肌は本来、角質層の「バリア機能」によって肌の「しっとり感」や「滑らかさ」が作り出されています。
そして、肌内部の水分が逃げていなかいようにしたり、外部からの刺激(細菌、ウィルス、紫外線など)から守る役割をしています。
 
正常な肌には、保湿成分である「セラミド」が細胞と細胞の間にしっかりと入っていて、肌内部の水分が蒸発するのを防いでくれるので、肌が乾燥しないのです。
しかし、間違ったスキンケアや季節的な要因、生活習慣などで、このバリア機能が低下している状態が、継続的に続いている状態が「乾燥肌」と言って良いと思います。

 

炭酸化粧水,乾燥肌

 
乾燥肌になってしまう主な原因が「バリア機能」の低下になるので、いかにしてこの低下したバリア機能を回復させるかが、乾燥肌を改善するポイントになります。
例えば、良く言われることですが、

・洗顔のしすぎ、洗顔料の使いすぎ
・ゴシゴシ肌を洗ってしまう
・化粧水のつけすぎ
・長時間のお風呂
・熱いお湯での洗顔

などは、肌のバリアを壊してしまう要因になりますので、注意が必要です。
 
それ以外では、季節的な要因(特に冬場など)や体調不良などが挙がられますが、ここでは炭酸化粧水を使ったスキンケアによる乾燥肌対策について、ご紹介していきます。
 
炭酸化粧水(フロムCO2)は、高濃度の炭酸ガスが含有された化粧水になります。
高濃度の炭酸ガスは、肌表面から浸透して細胞にアプローチし、血行を促進して新陳代謝を活性化して肌のターンオーバーを正常になるように働きかけます。
 
この炭酸ガスの凄いところは、炭酸ガスが毛細血管を刺激すると同時に、体のすみずみに酸素を運ぶヘモグロビンの働きを活性化することで、肌表面に栄養や、酸素、水分を届ける働きが高まるところです。
肌に栄養や水分、酸素などが充分に届くようになるので、壊れていた肌のバリア機能が内側から修復されます。
それに加え、フロムCO2は炭酸ガス以外に、天然の美肌成分である「セラミド、各種ビタミン、アミノ酸」などをバランス良く配合しているので、肌表面からのケアが出来ます。
 
このように、肌の内側と表面からケアをしていくことが出来るので、乾燥肌などで困っている方は、一度試して頂きたいなと思います。

炭酸化粧水はフロムCO2をお勧めします!

炭酸化粧水,乾燥肌

私は数ある炭酸化粧水の中で、フロムCO2をお勧めします。
炭酸美容の先駆けの化粧水ですし、高濃度の炭酸ガスが溶け込んでいるので、肌本来の素肌力をアップしてくれるのが非常に嬉しいです。

 

外側からのケアというよりは、自立した肌にフロムCO2は導いてくれるので、自分自身の肌に自信を持てるようになったのが、この商品をお勧めする一番の理由です。
 
今まで、いろいろな化粧品を試してきたけれど、なかなか乾燥肌治らなかったなど、乾燥肌にお困りの方には特に試して頂きたい商品です。
 
モニターの結果でも出ていますが、使って1週間以内に、乾燥していた肌がモッチリとしてきた実感を持つ方も多くいらっしゃいます。
 
まずは、1週間のお試しキットで、その使用感を感じて頂ければと思います。
 
下記から、1週間お試しキットの詳細を確認することが出来ます。

 

炭酸化粧水,乾燥肌

 

公式サイトを覗いて見てみる♪