炭酸ジェルパックのススメ

炭酸ジェルパック

ここでは、炭酸美容コラムとして、炭酸ジェルパックについて、ご紹介しています。

 

 

 

炭酸美容コラム:炭酸水ジェルパックってどんなもの?

【炭酸水でスキンケアのスペシャルレシピ!】

 

全てのベースとなっているのは炭酸水。
最近ではコンビニでも100円程で簡単に手に入りますから、化粧品も安価で簡単に作れます。

 

実は炭酸水も自分で、手作り出来ちゃいます。
興味のある方はぜひトライしてみてください。

 

下記のその作り方を簡単にご紹介します。

 

【材料】
◆重曹・・・小さじ1/2
◆クエン酸・・・小さじ1/2
◆水・・・400ml

 

500mlのペットボトルに、水と重曹を入れて良く溶かします。
そこにクエン酸を加えると、炭酸ガスが発生します。

 

すぐにフタを閉め、静かに振りながら、クエン酸を溶かせば出来上がりです。

 

 

更に、ここにお好みのドライハーブティをいれて、冷蔵庫で1日寝かせると、ハーブ炭酸水になります。

 

そのまま化粧水にも使えますし、後で紹介するジェルパックにも使えますよ。

 

※重曹やクエン酸は、コスメ用のものを使ってください。
※あくまで化粧品用で、飲む事は出来ませんので、ご注意を!

 

炭酸水を使ったジェルパックは、炭酸水の効果を最も発揮させる事が出来るアイテムです。

 

二酸化炭素をたっぷり取り込んだジェルで、じっくりパックする事で角質を柔らかくし、潤いや弾力アップ、血行促進とオールマイティに働きかけてくれます。

 

炭酸効果だけでなく、美容成分もしっかりした素晴らしいジェルパックは市販されています。
ただし、シンプルなものであれば簡単に作る事も出来ます。
ちょっとだけ、色々材料が必要です。

 

【材料】
◆キサンタンガム・・・小さじ1/2
◆グリセリン・・・10ml
◆炭酸水・・・100ml
◆チャック付きポリ袋(85×120mm位の大きさ)・・・1枚

 

キサンタンガムとグリセリンを、ポリ袋に入れて、袋を指で揉みながら満遍なく混ざるようにします。

 

キサンタンガムが、グリセリンをジェル状にするので均一に混ぜましょう。
そこに炭酸水を入れて、出来るだけ空気を抜いて、しっかりとチャックをしたら袋ごとよく振ります。

 

1分程振っていると、炭酸ガスが発生して袋が膨らんできますが、チャックは開けないで下さい。
材料全てがジェル状になったら、冷蔵庫で3時間ほど寝かせます。

 

冷やす事で、炭酸ガスが溶け込みジェルの粘度も上がります。
30~40分おきに位に、袋ごと揉むとジェルが均一になり、お肌に乗せやすくなります。

 

 

 

出来たジェルは、扱いやすいように小鉢のような器に移して、ヘラなどで顔に塗っていきます。
更にラップや炭酸水を含ませたシートマスクで覆って、10~15分ほどおいてからジェルを落とします。

 

ヘラなどで優しく取っていきましょう。
水に流してもOKです。

 

最後に軽く水ですすいだら、後は普段の化粧品でお肌を整えてください。

 

※ジェルは頬や額など面積の広いところから乗せて、細かいところへ伸ばすように使うとGOOD!
※目に入らないように注意して下さいね。

 

文章にしてみると長いですが、やってみると意外と簡単に出来ますよ。
これも生鮮ですから、1回で使い切って余ったものは捨てて下さいね。

 

また、ホワイトクレイに炭酸水を混ぜ、コットンに含ませて鼻の頭から小鼻を覆うクレイパックも作れます。
小鼻周りの黒ずみに効果あり。

 

いずれの材料も、コスメ用に販売されているものを使って下さいね。

 

毎日のスキンケアにスペシャルケア、炭酸美容を上手に取り入れて、お肌をパワーアップ、嬉しくなっちゃうふんわりキレイをぜひ、手に入れて下さい。